プロフィール

港北治療院 院長:石橋 建三(いしばしけんぞう)
按摩マッサージ指圧師 / 健康運動指導士
介護支援専門員(ケアマネジャー)
NPO法人日本ホリスティック医学協会理事

1988年、横浜市港北区に整体手技療法を中心とした港北治療院を開院。
ホリスティック医学の理念に基づき、鍼灸・運動・栄養・各種セラピーなど専門スタッフらと共に代替療法のチーム医療を展開している。
西洋医学現場での活動としては、心療内科・赤坂溜池クリニック(1998年〜現在)、 統合医療ビレッジ(2003〜2006年)にて代替療法の立場で新しい形のチーム医療に参加。 2004年から近隣地域における医療ネットワークを構築するために地元の医師たちに呼びかけ、医師やコ・メディカル、各種療法家による臨床・研究活動を始める。
院外ではホリスティック医療・統合医療普及に関わる講演や、鍼灸マッサージ専門学校・セラピスト養成学院の講師など、健康教育にも携わっている。

院長よりごあいさつ

◆長年に亘って多くの症例を診てきた経験から得た治療法は?

私が港北治療院を開院したのは1988年です。
当時から腰痛や関節痛(肩や膝など)、神経痛などで悩まれている方が多く来院され、中にはもう治らないものとあきらめている人も少なくありませんでした。
痛み止めの薬、電気治療、温めたり冷やしたりという一般的な治療だけでは結果が思わしくない人の場合、必要かつ有効な治療法は、徒手による適度な筋、神経の刺激、正しい身体の動きを取り戻すための関節操作、運動機能を高めるための運動療法です。
このごく単純なことを正確かつ安全に施すには豊富な経験と熟練された技術が不可欠であることは言うまでもありません。
腰痛、肩・膝の関節痛、神経痛など様々な運動器症状から心身の不調まで幅広い患者層が当院の特徴です。
年齢などを理由にあきらめていませんか?
人間の体はそんなに弱いものではありません。

一度、当院に足を運んでいただければと思います。
徒手治療家として長年の経験が皆様の症状改善の力になれることを願っております。

◆元気になれる、笑顔になれる。そんな場であり続けたい

当院には治療目的ではなく健康維持管理、疲労回復やストレス解消を目的に通われている方も多くおられます。
人間は身体だけで生きているのではありません。
心を含んだ様々な活力源(生きるエネルギー)と共生しているのです。

身体の不調だけではなく、今の健康を維持したい、もう少し元気になりたい、生きる力を高めたい、そのような方々のためにも、当院は「元気の場」として皆様をお待ちしております。

  • 院長からのメッセージ-繋がりの医療(ネットワーク医療)について
  • 港北治療院
    ・休診:日曜日
    ・予約制
    ご予約はお電話でどうぞ
    TEL:045-531-9607
    〒223-0065
    横浜市港北区高田東3-9-10-103